•  

昨年に引き続き、今年も、音に関するあらゆる研究の発表がシングルトラックで進行するシンポジウム「音学シンポジウム」を開催します。

発表申し込み〆切を4月26日(木)まで延長しました

音学シンポジウムの特徴は、「音・聴覚・言語に関係するあらゆる研究分野がターゲット」である点と「シングルトラックで進行するシンポジウム形式」にあります。国内には日本音響学会の春季/秋季研究発表会など音に関係する研究者が一堂に会する場はあるものの、分野ごとのセッションが別々の会場でパラレルに行われるため、分野間の交流を積極的に促進する仕組みにはなっていません。音学シンポジウムは、音に関係する様々な分野の研究発表をあえてシングルトラックで進行することにより、分野間での議論や交流をより活性化させようという動機のもと発案したものです。
一般発表申込によるポスター発表を下記の要領で募集致します。本シンポジウムの趣旨の通り、音・聴覚・言語に関係するあらゆるテーマを対象とします。昨年は49件の発表申込があり、ポスターセッションは想像以上の盛況ぶりでした。今年も昨年以上の多数の申込をお待ちしております。

ポスター発表の内容は、
1) 一般発表ポスター(通常の、未発表の研究成果)
だけでなく、
2) 研究紹介ポスター(学会既発表の成果)
3) ディスカッションポスター(議論を目的とした発展途上の成果)
も歓迎します。優れたポスター発表には優秀賞を授与する予定です。奮ってご応募ください。

今年は以下の皆さま(敬称略,順不同)の招待講演を予定している他、招待講演のより深い理解を目的とした、チュートリアル講演も実施予定です。こちらもご期待ください。

・堀川 順生 (豊橋技術科学大学・名誉教授)
・小島 哲 (韓国脳科学院)
・西野 隆典 (名城大学)
・平野 徹 (東日本電信電話株式会社)
・小泉 悠馬 (NTTメディアインテリジェンス研究所)
・津崎 実 (京都市立芸術大学)
・阪上 大地 (コルグ)

日時・会場

日程:2018年6月16日(土)、17日(日)
会場:東京大学本郷キャンパス工学部2号館
住所:〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1
交通:https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
構内:https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html
主催:情報処理学会 音楽情報科学研究会(SIGMUS)
情報処理学会 音声言語情報処理研究会(SIGSLP)
協賛:電子情報通信学会・日本音響学会 音声研究会(SP)
電子情報通信学会・日本音響学会 応用(電気)音響研究会(EA)
日本音響学会 聴覚研究会(H)

ポスター発表申込要領

申込締切:2018年4月26日(木)延長しました
原稿締切:2018年5月24日(木)
※原稿締切日の23時59分59秒をもって原稿の受付は完全に締め切ります。この時点で原稿未提出の場合は自動的に発表取り消しになりますので、必ずこの期限までに原稿を提出してください。
発表申込先:
MUSでの申込: https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/MUS/
SLPでの申込: https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SLP/
発表日は原則運営側で決定しますが、やむを得ず片方の日しか参加できない場合、申し込み時に「研究会への連絡事項」に明記してください。フォームからのお申し込みができない方がいらっしゃいましたら、下記の「お問い合わせ先」までお問い合わせください。

発表申込における注意

・学生(修士課程以下)の方が発表される場合は、学生奨励賞の対象となりますので、申込時の「研究会への連絡事項」欄に「学生発表」と明記してください(博士後期課程の方は学生奨励賞の対象にはなりませんので、ご注意ください)。

・原稿は「6ページ以内」となる予定です。2~3ページでも構いません。

・次の3つの区分にてポスター発表を募集致します。
1) 一般発表ポスター(通常の、未発表の研究成果)
2) 研究紹介ポスター(学会既発表の成果)
3) ディスカッションポスター(議論を目的とした発展途上の成果)

・2)の場合、原稿の著作権を本学会に譲渡していただく必要があることから、出版済みの論文をそのまま提出するのではなく、改めて短くまとめ直すなどした原稿を提出する必要があるのでご注意ください。申込時の「研究会への連絡事項」欄には「既発表」と明記してください。

・3)の場合、今後の方針を聴衆と議論したい研究という位置づけで、他のポスターと区別できるよう「若葉マーク」をパネルに付ける予定です。申込時の「研究会への連絡事項」欄には「若葉マーク希望」と明記してください。

表彰

本年度の音学シンポジウムでは、以下の二つの表彰を予定しております。

〔優秀賞〕
「音学シンポジウム2017」におけるポスター発表の中で、最も研究内容の秀でていた発表1件(発表件数によっては2件)に「優秀賞」を授与します。

〔学生奨励賞〕
「音学シンポジウム2017」における修士課程(博士前期課程)以下の学生による発表で、最も将来性のある発表1件(発表件数によっては2件)に「学生奨励賞」を授与します。

※学生奨励賞の受賞基準が修士課程(博士前期課程)以下となっておりますので、ご注意ください。ら

ライブ動画中継について

SIGMUSでは、2012年度から原則としてすべての登壇発表に対し、インターネットを利用した研究発表の動画中継・アーカイブを実施しております(詳しくはこちらをご覧ください)。2015年度からは情報処理学会のプレス発表
「学術コンテンツを広く世に届けるため、情報処理学会とニコニコが提携」
に基づいて、情報処理学会チャンネルで中継・アーカイブされる予定です。

問い合わせ先

ご不明な点がありましたら、下記のメールアドレスまでお問い合わせください。
MUS: 齋藤大輔(東京大学) contact [at] sigmus.jp
SLP: 塩田さやか(首都大学東京) sayaka [at] tmu.ac.jp

研究会の最新情報につきましては,研究会Webページをご覧下さい.
音楽情報科学研究会 http://www.sigmus.jp/
音声言語情報研究会 http://sig-slp.jp/

音学シンポジウム2018 実行委員会

委員長  齋藤 大輔(東京大学)
副委員長 森勢 将雅(山梨大学)
副委員長 塩田 さやか(首都大学東京)
委員   小橋川 晢(NTT)
委員   木谷 俊介(北陸先端科学技術大学院大学)
委員   武岡 成人(静岡理工科大学)
委員         橘 亮輔 (東京大学)
委員         高道慎之介 (東京大学)

  •